辞書: BSDライセンス

投稿日: オープンソースソフトウェア ライセンス

BSDライセンスとは

オープンソースソフトウェアのライセンスの1つです。

3種類あるのに注意

BSDライセンスは3種類あります。

4条項BSDライセンスはGPLと互換性がなく、今はまず目にかけることはありません。 問題は3条項BSDライセンスと2条項BSDライセンスの違いですが、 正直良くわからないんですよね。。。

BSDライセンスが分かりにくい理由

3条項BSDライセンスは「修正BSDライセンス」とも呼ばれ、 日本語訳もあるのですが、以下の条項は残っています。

書面による特別の許可なしに、本ソフトウェアから派生した製品の宣伝または販売促進に、 <組織>の名前またはコントリビューターの名前を使用してはならない。

4条項BSDライセンスは以下のような定義があります。 (4条項BSDライセンス ‐ 通信用語の基礎知識より)

このソフトウェアの機能に言及するまたは使用するすべての宣伝物には、 次の謝辞を表示する必要がある: 「この製品は、によって開発されたソフトウェアが含まれています。」

4条項BSDライセンスから消されたものが「宣伝条項」となっていますが、 3条項BSDライセンスに残っているものも宣伝のことなので、 「宣伝条項」と言ったときに、どっちを指すのかが迷ってしまいます。

あと、GNUのサイトで3条項BSDライセンスと2条項BSDライセンス (引用中では「FreeBSDライセンス」)が「同様」と 書かれているのも個人的にはしっくりこないです。 GPLとの互換性はありますが、あくまで別のライセンスだと思うので。。。

後に、第三のBSDライセンスの変種が導入されました。 これはオリジナルBSDライセンスの4つの条項の最初の二項だけとしたものです。 わたしたちはこれを「FreeBSDライセンス」と呼びます。 それは緩い、コピーレフトではない自由なライセンスで、 GNU GPLと両立し、修正BSDライセンスと同様のものです。

MITライセンスの方がよい

BSDライセンスは微妙に分かりにくいところがあるので、 3条項BSDライセンスをどうしても使いたい場合は別として、 新規プロジェクトで2条項BSDライセンスを使いたい場合は、 MITライセンスでいいんじゃないかなと思います。


ページトップへ戻る