マニュアル: Netlify

投稿日: 更新日:

Hugoを使う時の注意

詳しくはHost on Netlify | Hugoを参照。

主な注意点。

  • デフォルトではHugoのバージョンが古い
    • netlify.tomlを記載する。
  • テーマを使う時はgit submoduleを使う。
    • プライベートリポジトリの場合は、アクセスキーを生成して埋め込む。
  • netlify.tomlのサンプルでは--enableGitInfoが有効になっているのに注意。
    • 使用しない場合は、HUGO_ENABLEGITINFOもオフにすること。

カスタムドメインを使用するまで

  1. Netlifyでデプロイ可能にする
  2. DNSサーバの設定を変更する。
    • wwwで始まるFQDNの場合は、wwwなしのものも登録する必要があります。
  3. HTTPSを有効にする。
    • デフォルトではLet's Encryptが使用可能です。
  4. HTTPSを強制する
    • Force HTTPSボタンを押すだけ。

リダイレクト

まとめてリダイレクト

アスタリスクを使うとまとめてリダイレクトが可能。

例えば/word 以下のドキュメントを全て /dicに転送する場合、 netlify.tomlには以下のように書く。

ただし、この機能を使うと、ビルドが遅くなることがあるのに注意。

[[redirects]]
from = "/word/*"
to = "/dic/:splat"
status = 301

Redirects | Netlify

逆引きマニュアル