設定手順書: IntelliJ IDEA

投稿日: 更新日: Java 統合開発環境 JetBrains

インストール(macOS)

コミュニティ版 ideaIC-2017.3.3.dmg で試しています。

  1. .dmgファイルを開く
  2. アプリケーションをドラッグして、/Applications/にコピー。
  3. アプリケーションを開く
  4. Import IntelliJ IDEA settings from: と聞かれる
    • 初回はDo not import settingsで問題ない
  5. プライバシーポリシーが表示されるので、中身を読んでAccept
  6. UIのテーマを選択
    • どちらでもあとで変えられるので問題ないが、Darculaの方をよく見かける。
    • あとで変える場合は、Preferences | Appearance & Behavior | Appearance
  7. キーマップの選択
    • 初めて使う場合はデフォルトのAdapted for OS Xでいいかも。
    • あとで変える場合は、Preferences | Keymap
  8. 起動スクリプトを作るかどうかを聞かれる
    • 自分はCUIから起動できると嬉しいので、設定する。
    • あとで作る場合は、Tools | Create Command-Line Launcher
  9. デフォルトプラグインの選択
    • ビルドツール
      • デフォルトのAnt, Maven, Gradleで問題なさそう。
    • バージョンコントロール
      • デフォルトではCVS, Git, GitHub, Mercurial, Subversion
      • CVSとMercurialは使う予定はなさそうなのでオフ
    • テストツール
      • JUnit, TestNG-J, Coverageの3つがデフォルト。
        • CoverageはIntelliJ IDEA組み込み、EMMA, JaCoCoの3つがある模様1
      • TestNGは使う予定はなさそうなのでオフ。
    • Swing
      • 使う予定はなさそうなのでオフ
    • Android
      • 使う予定はなさそうなのでオフ
    • その他のツール
      • Bytecode Viewer
      • Eclipse(移行ツールのことかな?)
      • Java Stream Debugger
      • Task Management
      • Terminal
      • YAML
      • XSLT and XPath
      • 分からないけど全てオン
    • プラグイン開発
      • 使う予定はなさそうなのでオフ
  10. Featured plugins(注目のプラグイン?)
    • Scala
      • 使う予定はないので入れない
    • IdeaVim
      • 面白そうだけど入れない
    • IDE Features Trainer
      • 最初なので入れてみる

日本語化

IntelliJ や PhpStorm などの日本語化参照。

プラグイン

あとで入れてみる予定。

設定(Preferences / Setting)

プリファレンスのうち、現在のプロジェクトだけに影響するものは、マークが付きます2。 Welcome画面の場合は、デフォルト設定に影響します。

Appearance & Behavior

System Settings

Editor

General

Auto Import

Color Scheme

General

Code Style

Java

Inspections

File and Code Templates

Files -> Class

以下のように、finalを付ける。

#if (${PACKAGE_NAME} && ${PACKAGE_NAME} != "")package ${PACKAGE_NAME};#end
#parse("File Header.java")
public final class ${NAME} {
}

File Encodings

ファイルのエンコーディングが設定可能。

Version Control

Confirmation

Build, Execution, Deployment

Compiler

公式サイト



ページトップへ戻る