辞書: Cache Busting

投稿日: 更新日:

Cache Bustingとは

Webブラウザの仕様により、ファイルのURLが同じ場合は、 サーバに取りに行かずに、ブラウザが持っているキャッシュファイルを 使用することがあります。

したがって、サーバが同じファイル名で中身だけ更新すると、 クライアントに反映されない可能性があります。 これを避けるための技術がCache Bustingです。

日本語ではそのまま「キャッシュバスティング」と呼ばれます。

キャッシュバスティングの手法

主に3パターンがあります1

  1. ファイル名を変える。
  2. ディレクトリを名を変える。
  3. URLの最後にクエリ文字列を付ける。

フレームワークが対応していれば1か2が望ましいですが、 導入しやすいため、3がよく使われます。 ただし、そもそもキャッシュされていないと意味が無いため、 Cache-Controlヘッダの設定など行ってください。

このサイトで使っている手法

URLの最後に、クエリ文字列としてMD5ハッシュをつけています。 MD5を使っているのは、長さが最も短いのと、 この用途では、衝突する可能性を考えなくてもいいからです。


  1. What is Cache Busting? - KeyCDN Support

外部サイト