辞書: 国際化(i18n)

投稿日: プログラミング

国際化(i18n)とは

プログラミングの文脈で、 ソフトウェアをいろいろな国、地域の文化に対応させることです。 "i18n"と呼びますが、国際化を表す英単語 "internationalization" は長いため、 最初の"i"と最後の"n"の間に18文字あることから、i18nと略されています。

国際化の例

地域化(l10n)との違い

国際化と合わせて使われる単語に地域化(localization, l10n)がありますが、 i18nが「いろんな国、地域で使えるための仕組み」なのに対し、 l10nは、「いろんな国、地域で使うための実際の対応」になります。

例えば、メニューにいろんな言語を使えるようにすることはi18nなのに対し、 翻訳テキストを作成するのは、l10nの範疇です。



ページトップへ戻る