辞書: Punycode

投稿日: 国際化(i18n) ドメイン名 Webブラウザ

Punycodeとは

国際化ドメインに使われるものです。

読み方

「ピュニコード」と呼びます。 「ぷにコード」ではないようです(´・ω・`)

Nameprep

Punycodeでは、Nameprepという仕組みを使って前処理を行います。 このNameprepは、stringprepという枠組みを使っています。

stringprepは、RFC 3454で定義されていますが、 前処理のオプションを定義するものです。

NameprepはRFC 3491で定義されていますが、 このRFCでは、stringprepのこのオプションを使用しますよというのが 書かれています。

例えば、Unicodeの正規化処理については、 Unicode normalization form KCというのを使用します。

外部サイト



ページトップへ戻る