辞書: ときめきメモリアル対戦ぱずるだま

投稿日: ゲーム 個人的

ときめきメモリアル対戦ぱずるだまとは

アーケード版が一番出来が良かったゲームです。 以下では「ときメモぱずるだま」と呼びます。

ゲームバランスが良い

ぱずるだまシリーズは他にもやったのですが、 このゲームが一番出来がよいです。 なぜかと言うと、ゲームバランスがいいからです。

さすがに各キャラ同等とまでは言えませんが (早乙女好雄、伊集院レイはボスキャラなのでなおさら)、 他は明らかな強キャラ、弱キャラがなく、 実力があればある程度カバーできました。

フェラーリ

大阪のフェラーリというゲーセンがかつてありました。 そのゲーセンは全て1回10円だったのですが、 3階に置いてあったゲームの1つがこの「ときメモぱずるだま」でした。

常連は30人ほど1で、よく入り浸ってました。 自分が大学を卒業して首都圏に住んでから、そして愛媛に戻ってからも 個人的に付き合いのある、数少ないグループです。

アーケード版が一番良かった

ときメモぱずるだまはPlayStation(PS)、セガサターン(SS)、 Windows 95(Win)と移植されたのですが、出来が全然違いました。

自分はやらなかったのですが、Windows版はアーケード版と遜色ない出来でした。 一方で、PS・SS版はアーケード版とゲーム内容が違い、 それ以上にかなり操作感が違い、はっきり言うと改悪でした。 まあ単体のゲームとしては悪くないんですが、アーケード版と比べるとね。。。

そんなこんなで、有志で基盤を買いました。 1人あたり16,000円かかったのですが、 10円換算で元が取れるくらいプレイしました。


  1. 某氏が作ったフェラーリランキングより [return]

外部サイト



ページトップへ戻る