マニュアル: Moshi

投稿日:

基本的な使い方

JSONに対応するクラスを作るのが基本です。 その場合、以下のものは自動的にマップされます[^1]。

例にあるように、finalがついてても問題ありません。

アダプタ

ValueObjectを使いたい場合などはアダプタを作ります。 アダプタは以下のようにして作ります。

  1. @FromJson@ToJson がついたメソッドを含むアダプタクラスを作る。
    • 片方はJSONの型(自動的にマップされるもの)、もう片方は変換後の型です。
    • メソッドの定義は必要ですが、使わないなら中身は空や例外を出しても構いません。
  2. アダプタクラスを Moshi.Builder に追加する。


ページトップへ戻る