辞書: コピー・オン・ライト(Copy-on-Write)

投稿日: プログラミング

コピー・オン・ライト(Copy-on-Write)とは

プログラミングにおける手法で、 コピー(複製)を要求されたときには何も行わずに、 書き込みが要求されたときに始めて複製を行う方法です。

コピー・オン・ライトのメリット

メリットとしては、書き込みが行われない限り複製されないため、 メモリやディスクなどの資源が有効活用されます。

一方で、実装が複雑になる可能性があるのが、デメリットです。

immutable

コピー・オン・ライトのテクニックは、 不変オブジェクト(Immutable)を実装するときにも使われます。



ページトップへ戻る