辞書: 伽藍とバザール

投稿日:

伽藍とバザールとは

「オープンソース」が認知されるきっかけとなった文書の1つです。

歴史的経緯

原文は1997-05-21に公開されており、 その当時はオープンソースという単語もありませんでした。 1998-02-09(Rev 1.29)で以下のように変更されています。

Changed free software'' toopen source''.

再評価

久しぶりに読んでみたのですが、今読んでも印象は変わらないですね。 基本的には本質をついていると思います。 でもやっぱりこの箇所は好きじゃないなぁ。

  1. 自分の言語がチューリング的完成からほど遠い場合には、構文上の甘さを許すといろいろ楽になるかもね。

外部サイト