辞書: 日本のWebは残念

投稿日:

日本のWebは残念とは

梅田望夫さんのツイートおよび、 それに対するインタビュー記事で出てくる言葉です。 ツイートが2008年11月9日、記事が2009年6月1日です。

当時は理解できなかった

自分は「当時は」このことが理解できませんでした。 2008年から2009年はようやくTwitterが日本で認知され始めた時期で、 ネガティブな印象はありませんでした。

はてなブックマーク(はてブ)は2010年には 自分にとって大嫌いな存在になってたのですが、 2009年頃はまだ使っていました。

今の日本のWebは残念

しかし、少なくとも今の日本のWebは「残念」としか言いようがありません。

Twitterはバカッターと呼ばれるようになり、 ネガティブな言説ばかりまかり通るようになっています。

2013年に日本のWebが残念な理由という記事を書いたのですが、その頃から何も変わっていません。 むしろ悪くなっています。

言論の自由がない

梅田望夫さんのインタビューの中で以下のようなことを言っています。

僕はいま、個人としてインタビューを受けているけれど、 はてブコメントについて言うとね、 「僕は日本語圏ネット空間について発言することを許されていないんだな」と思った。

これは端的に言えば、言論の自由がないのと同じです。 もちろん、形式的には「言論の自由」自体は存在します。

しかし、不用意に発言をすると批判や罵倒に逢います。 ブログ全盛期のころはまだ批判もブログで行われていたため、 それでも議論が成立していましたが、今ははてブやTwitterのような、 「安全なところから石を投げる」ためのプラットフォームを使って、 集団でいじめをしてきます。

そのような状態で何か発言ができるのは、神経の図太い人だけです。 繊細な人は黙ることを選びます。

日本のWebはいつから残念になったのか

自分の感覚ですが、日本のWebがいつから残念になったのかを書いてみます。


ページトップへ戻る