辞書: ZERO to ONE

投稿日:

ZERO to ONEとは

ピーター・ティールの著書です。

頭の強い人

正直この本を読むまでピーター・ティールのことは全く知りませんでしたが1 この本を読んだ時に、「頭が強い人だな」と思いました。 自分は他の人を「賢い人だな」とか「頭の良い人だな」と思うことはよくありますが、 「頭の強い人だな」と感じることはめったにありません。

こう思う人はだいたい数学か哲学専攻なのですが、予想通り(?)、哲学専攻でした。

幸福な企業はみなそれぞれに違う

この本で個人的に面白いと思ったのが、 「幸福な企業はみなそれぞれに違う」という言葉です。

競争はみんなを不幸にするという意味で使っていますが、 この元ネタはアンナ・カレーニナの冒頭なんですね。 個人的によく知っているからでもありますが、 こういう例えができる人はいいなと思いました。


  1. もちろん彼が創業したPayPalは知ってます(使ってます)。 [return]

外部サイト