逆引きマニュアル: Google Chrome拡張機能: HTMLの国際化

投稿日: Google Chrome拡張機能

やりたいこと

chrome.i18nではJavaScriptから呼び出す他に、 manifest.json, CSSのローカライズに対応していますが、 HTMLのローカライズは対応していません。 その対応方法です。

前提条件

概要

手順

以下のような関数を作ります。

function localizeHtmlPage() {
    document.querySelectorAll("[data-i18n-text]").forEach(element => {
        const key = element.getAttribute("data-i18n-text");
        element.textContent = chrome.i18n.getMessage(key);
    });

    document.querySelectorAll("[data-i18n-value]").forEach(element => {
        const key = element.getAttribute("data-i18n-value");
        element.value = chrome.i18n.getMessage(key);
    });
}

補足

マニュアル


ページトップへ戻る