逆引きマニュアル: たすくま: iOSでURLをたすくまに送信する方法

投稿日: 更新日:

やりたいこと

SafariからURLをたすくまに送信する方法です。 あるサイトをメモしたいときに、たすくまを使いたい、そんなときに有効です。

前提条件

「ショートカット」アプリを使います。

概要

URLの仕様なのかiOSの問題なのかたすくまの問題なのかは分かってませんが、以下のようにする必要があります。

  • タスク名にURLを含む場合、URLエンコードが必要
  • プロジェクト名を日本語のままにする(URLエンコードが必要)
  • タスク名に & が使えない(今は全角で回避)

手順

ショートカットの内容だけ書いておきます。

  • 受け入れの種類: URL
  • 1つ目のブロック(URL展開用)
    • URLを展開
    • 変数を設定: 「展開されたURL」
    • URLエンコード
    • 変数を設定: 「エンコードされたURL」
  • 2つ目のブロック(タイトル取得用)
    • 変数を取得: 「展開されたURL」
    • 名前を取得
    • テキストを置き換える: & (&がうまく扱えないため全角に変換)
    • URLエンコード
    • テキストを置き換える: %26quot;%22
    • テキストを置き換える: %26ndash;' →-(KyashのFAQで–` が使われていたものに対応)
    • 変数を設定: 「記事のタイトル」
  • 3つ目のブロック(変数設定だけ)
    • テキスト: 任意
    • 変数を設定: 「プロジェクト名」
  • 4つ目のブロック(URL作成してオープン)
    • テキスト: taskuma://start?new=yes&taskname=「記事のタイトル」%20「エンコードされたURL」&estimated=1&project=「プロジェクト名」
    • URLを開く

これで、サイトを開いてショートカットを呼び出すと、たすくまに以下のように入ります。

  • タイトル: 記事のタイトル 記事のURL
  • プロジェクト名: 設定したもの
  • 見積もり時間: 1
  • 開始された状態

これであとはメモして終了すればOK。 メール送信すればURLも有効になります。

補足

まだ一部のサイトが対応していないようなので、改良中です。

マニュアル

  • taskchute: まだありません。
  • safari: まだありません。