逆引きマニュアル: SSD: 寿命をチェックする方法(Linux)

投稿日:

やりたいこと

SSDの寿命がどれくらいかを推測する方法です。

作業手順

  1. 機種を調べる
    1. 任意のユーザでlsblkと打ち、対象となるデバイスを探す。
    2. rootユーザでsmartctl -i <デバイス名>と打つ。
      • デバイス名は1.で調べた/dev/sdaなど。
  2. SMARTの値を取得
    • rootユーザでsmartctl -A <デバイス名>と打つ。
    • このうち、以下の値が参考になる12
      • Available_Reservd_Space
      • Media_Wearout_Indicator
      • Total_LBAs_Written3
        • 自分がUPDATEDがOfflineとなりましたが、これがチェックに影響があるかどうかは分かりません4(書き込みをすると値は増えるようです)。

Total_LBAS_Writtenの見方

機種によって単位が違うようです。 SanDisk Ultra IIの場合は、単位はGBのようです5

To do it, I turned to our standard endurance testing methodology. Basically, I wrote sequential 128KB data (QD1) to the drive and monitored the SMART values 230 and 241, i.e. Media Wear Out Indicator (MWI) and Total GB Written.


  1. 機種によって変わるかもしれません。

  2. SSD(Intel X25-M)で寿命を確認するには at nkjmkzk.net

  3. 古いパソコンに見合ったSSDを探す。 – 欲しいモノの情報をネットで調べてまとめる

  4. man smartctlに色々書いていますが、詳細は未チェック。

  5. SanDisk Ultra II (240GB) SSD Review

マニュアル

  • ssd: まだありません。