マニュアル: Jenkins

投稿日: 更新日:

Jenkinsfileの書き方

基本

Groovyで書きます。

文法

ステップ

nodeとpipelineの違い

nodeは「スクリプト的」で、pipelineは「宣言的」な書き方。 基本的には「宣言的」な書き方の方が推奨されているように思われる1

Scripted PipelineをDelarative Pipelineに変えるときは、 scriptを使うと良さそう2

グローバル変数

参照方法

Global Variable Referenceを参照してください。 実際は、動いているJenkinsから参照するようです。

主な変数

  • env(環境変数)
    • sh 'printenv'とかすると、現在の環境が表示されます。
    • env.JOB_NAME: プロジェクト名
    • env.BUILD_NUMBER: ビルド番号
    • env.BUILD_URL: ビルドのURL
  • currentBuild
    • currentBuild.result: ビルド結果を表す文字列3
    • SUCCESS / UNSTABLE / FAILUREのいずれかを取ります。

  1. Jenkins Pipeline Jenkinsfile: ‘node’ and ‘pipeline’ directives - Stack Overflow

  2. Declarative PipelineでJenkinsfileを書いてみた(Checkstyle,Findbugs,PMD,CPDとか) - Qiita

  3. 文字列とは書かれてないですが、文字列と比較して問題なかったようなので。。。

外部サイト

逆引きマニュアル