マニュアル: JMockit

投稿日: 更新日:

CLASSPATHの設定方法

JUnit 4.5またはそれ以降の場合は、JUnitのjarファイルより先にセットしてください2

When using JUnit 4.5+, verify the jmockit dependency appears before JUnit in the classpath.

MockとFake

JMockitのAPIは大きく、Mocking APIと、Faking APIに分かれているようです。 この違いは、Faking APIの以下の記述にあります1。 すなわち、いくつかのメソッドのみ実装を差し替えるのがFaking APIです。

Typically, a fake targets a few methods and/or constructors in the class to be faked, while leaving most other methods and constructors unmodified.

System.currentTimeMillis()のモック化

以下のように、Fake APIのMockUpを使うことで可能です。

import mockit.Mock;
import mockit.MockUp;

new MockUp<System>()
{
	@Mock
	long currentTimeMillis()
	{
		return 0L;
	}
};

  1. JMockit - Tutorial - Faking

  2. JMockit - Getting started