マニュアル: Oracle

投稿日: 更新日: データベース RDBMS

マニュアル

tnsnames.ora

ローカル・ネーミング・パラメータ(tnsnames.ora)

パス

ユーザが所有する表

select * from USER_TABLES order by TABLE_NAME;

ディレクトリ・オブジェクト

OSのディレクトリ構造に依存しないように、名前をつけたもの。

エクスポート・インポート

従来からのexp/impツールと、Data Pump(データポンプ)というexpdp/impdpツールの2種類がある。

Data Pump(expdp/impdp)の使い方~エクスポート/インポート、データ移動、論理バックアップ | Oracle オラクルエンジニア通信 - 技術資料、マニュアル、セミナー Blog

Amazon RDSの場合は、以下のページからたどれる「Strategies for Migrating Oracle Databases to AWS」 というPDFによると、

次のように書かれている。なので、可能ならData Pumpの方が良さそうです。 (もちろん他のツールが使える場合はそれも検討)

Oracle 11gR2以降のexp/impの罠(Enterprise Editionのみ)

Oracle 11gR2以降のEnterprise Editionではデフォルトで遅延セグメントが有効になっており、 expコマンドでエクスポートすると、テーブルが見つからない現象が発生するようです。

幸いにも(?)この機能はEnterprise Edition限定の機能のようです。

国際化

NLS_LANG

ほとんどの環境変数はNLS_LANGから導出されるようです。

Amazon RDSで確認してみましたが、これらの値は設定できないものが多いため、 クライアントで設定するのが良さそうです。

実際確認してみましたが、NLS_LANGUAGEはAMERICAN, NLS_TERRITORYはAMERICAになっていました。

文字コード

公式サイト

逆引きマニュアル



ページトップへ戻る