逆引きマニュアル: Ansible: 開発環境と本番環境を同じように管理する方法

投稿日: 更新日:

開発にはVagrantを使って、 本番には別の方法(自前でインストールなど)をするときの方法です。

開発と本番を分ける方法

SSL/TLS対応

  • 自己署名証明書は使わない。不正な証明書を使うくらいなら、開発ではhttpを使う。
    • 不正な証明書を対応するためにプログラム側での考慮が必要。httpならこの対応は不要。
  • templateで条件分岐を使って、開発のみhttp -> httpsへの昇格をオフにする。

Vagrantとの連携

  • 以下の3つのPlaybookを用意する。
    • pre-install
      • インストール前に必要な手順
        • Vagrantの場合、suの有効化を行っている1
    • ansible
      • 本番と連携するもの。ここだけ別リポジトリ(別サーバで実行するため)。
    • post-install
      • テスト用のマスタ設定など。

  1. セキュリティより利便性を取っています。 [return]

公式サイト

マニュアル