逆引きマニュアル: CentOS: 自動アップデート(yum-cron)の設定方法

投稿日: 更新日:

自動アップデート(yum-cron)

以下のAnsible Playbookを実行する。 ただし、単にアップデートをダウンロードするだけで、自動適用は行いません1

  • メールアドレス:
  • random_sleep:

Playbookの内容は以下になります。

  1. yum-cronパッケージをダウンロード
  2. /etc/yum/yum-cron.conf もしくは /etc/yum/yum-cron-hourly.conf の以下の場所を変更
    • emit_via: "email" にする
    • email_to: メールアドレス。例は'yum@example.com'
    • random_sleep: デフォルトが360(起動されてから0~360分スリープ)なので、適当な数字に変更する。例は30分。
      • 多数のサーバを抱えている場合は、アップデートを分散させるために大きい数字を指定すると良い。
- name: install yum-cron
  yum: name=yum-cron

- name: change email_to
  lineinfile:
    dest: /etc/yum/yum-cron.conf
    regexp: ^email_to
    line: "email_to = yum@example.com"

- name: change emit_via
  lineinfile:
    dest: /etc/yum/yum-cron.conf
    regexp: ^emit_via
    line: "emit_via = email"

- name: change random_sleep
  lineinfile:
    dest: /etc/yum/yum-cron.conf
    regexp: ^random_sleep
    line: "random_sleep = 30"

  1. 内容をチェックしてから適用したいため。 [return]

マニュアル