マニュアル: IntelliJ IDEA

投稿日: 更新日: 統合開発環境 Java JetBrains

Eclipseとの違い

コミット状態による色の変更

File Status Highlights - Help | IntelliJ IDEA

Gitで確認しているので、他だと違うかもしれません。

状態 IntelliJ IDEAでの状態 デフォルトのカラーコード
未コミット Unknown D1675A
変更あり Modified 6897BB
変更なし Up to date なし なし

バックスラッシュ

Macでは'\'を押しても、円マークになってしまい、 バックスラッシュが入力されません。 いろいろ対策はあるようですが、とりあえずOption + '\'で入力可能です。

主なキーバインド

空白のところは存在しないのではなく、未確認です。

操作内容 macOS Windows メニュー操作 正式な操作名称
アクティブなエディタタブを閉じる Command + W Ctrl + F4 Close active editor tab
最近使ったファイルの表示 Command + E Recent files popup
クイックフィックス Command + Return Alt + Enter Show intention actions and quick-fixes
パラメータの情報表示 Command + P Parameter info
メソッドドキュメントの表示 Ctrl + J Quick documentation lookup
探す Shiftを2回 Search everywhere
実行 Ctrl + R Run/Debug
コードの整形 Command + Option + L Code→Reformat Code Reformat code
実装に移動 Command + Option + B 右クリック→Go To→Implementation(s) Go to implementation(s)
コード補完1 Ctrl + Space Basic code completion
型階層の表示 Ctrl + H Type hierarchy
呼び出し階層の表示 Ctrl + Option + H Navigate→Call hierarchy Call hierarchy
インポートの最適化 Ctrl + Option + O Optimize imports

プロジェクトの作り方

  1. アプリを起動
  2. Create New Project
  3. プロジェクトの種類を選択
    • 試しに、Javaのみを選択
  4. テンプレートからプロジェクトを作成するかどうか
    • 今回はmain()が含まれるものを作りたいので、チェックする。
  5. プロジェクト名とかを記入
    • Project name: 適当
    • Project location: 好みで
    • Base package: 個人の場合は、メールアドレスを逆にしたものがいいかなと思います。

ターミナルから起動する方法

  1. Tools → Create Command-line Launcher...を選択
  2. パスが表示されるので入力(/usr/local/bin/idea)

これでideaコマンドが使えるようになります。 ヘルプは以下の通り。基本はidea [project_dir]でいいと思います。

Usage:
  /usr/local/bin/idea -h | -? | --help
  /usr/local/bin/idea [project_dir]
  /usr/local/bin/idea [-l|--line line] [project_dir|--temp-project] file[:line]
  /usr/local/bin/idea diff <left> <right>
  /usr/local/bin/idea merge <local> <remote> [base] <merged>

  1. 通常は入力してたら勝手に補完されます。 [return]

公式サイト

外部サイト

逆引きマニュアル



ページトップへ戻る