辞書: 将棋の神様

投稿日: 更新日:

将棋の神様とは

将棋のことを全て知っているという仮想的な存在です。

神様が角を落として、羽生さんがやっと勝てる

有名なエピソードに、 羽生さん1が神様に角を落としてもらって、やっと勝てるという発言があります。 米長邦雄永世棋聖との対談「人生、惚れてこそ」という本のp35「第一章 頂上を見て生きる」に書いてありました。

羽生語録1 「将棋の神さまと、角落ちならなんとか、香落ちでは駄目ですね。 人間は将棋を理解していません。まだ知ることが、たくさんあります」

「対局する言葉」という本のp82「第四章 日本語という天才」にも書いてありました。

柳瀬――とんでもない。でもどうなんですか、将棋の神様とやって角落ちなら勝てるとか。

羽生――角落ちは、そうですね、辛勝という感じですかね。かろうじて残せるかな、という気はしますけど。香落ちはもう全然だめですね。

ただ、どちらもその場で発言したのではなく、 過去に発言したことを取り上げてるだけのようです。 この著書は両方とも七冠独占した直後の本なので、 七冠独占したとき、あるいはその頃の発言かなぁと思ってます2


  1. 現役でタイトル持ちなので、称号が定まらないのと、個人的に親しみを込めたいので「さん」付けにしています。 [return]
  2. 有名な発言なのですが、古すぎるためか、見つかりませんした。 [return]