ログ: ポストモダン

投稿日:

自分の中でポストモダンを感じさせる発言のクリップとか。

孫 泰蔵×糸井重里 対談「ご近所の社長は、やっぱりすごい人だった。」 - ほぼ日刊イトイ新聞

糸井

(略)

さすがにその真似はできないけど 「科学と詩が自分の中に共存する状態」 というのは、 これからみんながそっちのほうにこう、 ゆるゆると戻っていくのかなぁ、と思うんです。

(略)

ありますね。 だけど本当にそうです。 未来は「変わっていく」というより 「戻っていく」だと思うんです。 科学と詩は、もともとみんなのなかに 両方あったはずで。

「戻っていく」と表現していますが、 昔そのままに戻るわけではないのはないので、 螺旋状に戻っていく感じですね。

その後のこの発言は、この対義語が「進歩主義」なのを表しているかなと。 「細い路地に入り込む」というイメージがちょっとおもしろいと思いました。

糸井

そうですね。 「進んでいく」じゃダメですよね。 「進む」という言葉はなんだか 細い路地に入り込んじゃうイメージだから。 「進む」だと 「一番エクセレントなものを選ぶ」 って思っちゃう。 だけど大事なのはそっちじゃなくて 「もう大動脈まで戻りましょう」みたいな。


ページトップへ戻る