辞書: ロジャー・ペンローズ

投稿日: 更新日: 人物

ロジャー・ペンローズとは

「天才」という言葉が似合う人です。

業績とか仮説

エッシャーの影響を受け、エッシャーに影響を与えた

ホーキングとともにブラックホールとかの研究をした

特異点定理とか。よく知らないのでリンクだけ。

ツイスター理論

最初発表されてから忘れられたけど実はいいんじゃねということで 最近研究されているらしいです(よく知らない)

ツイスター理論

皇帝の新しい心、量子脳理論

自分がペンローズの名前を知ったのはこれ関係です。 実際に読んだのはこの本です。


ペンローズの“量子脳”理論―心と意識の科学的基礎をもとめて (ちくま学芸文庫)

自分のAIに対する認識は、このペンローズの仮説に大きく影響を受けています。 「意識的思考のほうが非アルゴリズム的で、かえって無意識のほうがアルゴリズム的なのではないか」 とありますが、そう考えると自分の中ではいろいろと「辻褄が合う」ので。

ここで提示された量子脳理論はそれ以来見たことなかったんですが、 以下の番組で出たときにちょっとびっくりしました。

この件ですが、WIRED VOL.14に記載されているようです。


WIRED(ワイアード)VOL.14 [雑誌]

宇宙の始まりと終わり

それ以降は見てなかったのですが、この本を読みました。


宇宙の始まりと終わりはなぜ同じなのか

さっぱり分かりませんでした。

天才である理由

もちろん業績が素晴らしいこともあるんですが、 ペンローズは「正しいのかわからないとんでもない仮説」も出します。 実際、量子脳理論は「トンデモ」扱いされることがあります。

しかし、一方で「ペンローズの言うことだから何かあるんだろう」と 思わせることがあります。量子脳理論も否定されたわけではなく、 どちらかと言えば「未科学」の領域でしょう。


ページトップへ戻る