辞書: 強み

投稿日:

強みとは

自分がよく分からんけどよくできることです。

フィードバック分析

ドラッカーは、強みをフィードバック分析という方法で見つけ出していました。 プロフェッショナルの条件p112「Part3 2章 自らの強みを知る」において、以下のように書いています。

強みを知る方法は一つしかない。フィードバック分析である。 何かをすることに決めたならば、何を期待するかをただちに書きとめておく。 九ヶ月後、一年後に、その期待と実際の結果を照合する。

労力の割に周りが認めてくれること

逆に、周りの評価によって強みを知る方法を、 岩田聡さんが書いています1

岩田氏:  この話はですね,私は毎年,会社説明会で学生さんにお話しているんです。よく「自分の強みを見つけろ!」みたいな話を学校で言われると思うんですけど,普通は,学生時代に「何が自分の強みなのか」なんて,なかなか簡単には分かんないわけじゃないですか。

川上氏:  そうですよね。

岩田氏:  だから,「“労力の割に周りが認めてくれること”が,きっとあなたに向いてること。それが“自分の強み”を見つける分かりやすい方法だよ!」って,いつも学生さんに喋ってるんですね。「さっさと得意なことが分かった方が,人生はいいぞ!」って話なんですが(笑)

どちらでもよい

強みを知る方法として、自己評価によるものと、 他人の評価によるものと2つ挙げましたが、 これはどちらが良いというわけではないと思います。

自己評価によるものの方がおそらく正確ですが、 ドラッカーのやっていることは「目標を立てる」なので、 意外と目標って立てづらいんですよね。 一方で、岩田さん2の、他人による評価は、 「気づくこと」が重要で、割とすんなり入りやすいです。

参考文献