辞書: 改善

投稿日:

改善とは

物事をより良くすることです。 日本の製造業で戦略的に行われているものについては、 海外でも通用するため、カイゼンとカタカナで書かれることがあります。

改善とイノベーションは車の両輪

ドラッカーは改善について、 「ポスト資本主義社会」p81「第2章 組織社会の到来」にて以下のように述べています。

第一に、組織はその行うことすべてについて、 絶えざる改善、日本語でいうカイゼンを行わなければならない。 歴史上のあらゆる芸術家が、 カイゼンすなわち体系的かつ継続的な自己改善を行ってきた。 しかし今日までのところ、日本だけが、 おそらく禅の影響だろうが、企業組織の日常の活動と仕事をカイゼンしている。 カイゼンの目的は、製品やサービスを改善して二、三年後にはまったく 新しい製品やサービスにしてしまうことである。

ドラッカーは元々日本ひいきで、 この本が出たのが1993年なのもありますが、 継続的な改善、特に労働者が関わることについては、 製造業以外ではほとんど見られません。 「なぜ製造業でできることが他の業種ではできないのか?」というのが、 自分の中の課題です。

ゴミ屋敷では新しいものは生まれない

ドラッカーがわざわざ「おそらくの影響だろうが」というのは、 おそらく、「シンプルなところ」をイメージしてるのかと思います。 「改善=片付け」をしてシンプルな生活にしてこそ、 新しいものが生まれる余力が生まれます。